探偵は真面目で要領が良い人が多い?

探偵とは真面目で要領がいい人じゃなきゃ勤まらない。

「金田一少年の事件簿」や「名探偵 コナン」のように、探偵という言葉は子供でも分かるような時代です。
また、探偵と聞くと「暗い職業」や「嫌がらせをする職業」というイメージもあります。
しかし本当の探偵とは清く、真面目な職業なんです。
そもそも、探偵を開業するには警察の許可が必要です。また、探偵という職業についての法律まであります。ざっくらばんに法律を訳すと、探偵とは依頼者のために尾行や聞き取りをし、依頼者に報告するものです。つまり、たまに問題になる「別れさせ屋」や「嫌がらせをする」などは探偵ではないんです。常に客観的に、事態を依頼者に伝えます。そこに探偵は関与しません。そうやって考えると、探偵は事務的な仕事とも言えます。だから真面目じゃないとできないんです。

 

また、探偵は要領が良くないとできない仕事です。それは、対象となる人物にどうやったらバレないで尾行できるかを考えて行動しなければいけないからです。また、誰に何を聞けば欲しい情報を入手できるかシナリオを組み立てなければいけません。
当然ながら、依頼者の存在がバレてはダメなんです。

 

探偵は決して暗い職業でも、嫌がられる職業でもありません。
探偵は真面目で要領がいい人なんです。